ケンブリッジ イングリッシュリーダーズ レベル: 1 Cambridge English Readers Level 1

ケンブリッジ イングリッシュリーダーズ レベル:1 Cambridge English Readers Level1

starter | レベル1 | レベル2 | レベル3 | レベル4 | レベル5 | レベル6

ケンブリッジ イングリッシュリーダーズ レベル1のリストです。
難易度目安:語数制限:400語 TOEIC:300点 英検:4級 CEFR:A1

女刑事Flickはパーティーで医師Jackと出遭う。翌日Jackから「話がある」と電話を受け取ったFlickは変わり果てた姿のJackに会うことになる。自殺に見せかけられた殺人事件の真相を突き止めるべく捜査を進めるうちにFlickが知ってしまった事実とは?「刑事Flick」シリーズ第1作目。
語数 3,700 YL 1.4


ロンドンのジャーナリストHarley KirkpatrickとAnnie Shepherdは「ブラッドダイヤモンド」と呼ばれる武器を追っていた。ダイヤモンドと取引されるという情報を聞きつけた二人はダイヤモンド商人を罠にかけようと試みる。
語数 4,900 YL 1.4


「Don’t Stop Now!」と謎のメッセージが書かれたブロックがロンドンのインターネットカフェに突然投げ込まれた。カフェのオーナーは謎のメッセージが意味するところを知っているようだが、真実を明かそうとしない。そこでオーナーの娘Kateの友人Mattはこの謎の解明に乗り出すことにするKate一家の秘密とは一体?
語数 4,433 YL 1.4


売れない作家フランクはある日、ハリウッドから未完成の彼の作品を映画化したいというオファーを受ける。作品を完成させるためにフランクは最新のコンピューターを手に入れたが、そのコンピューターは実はとんでもないものだった!
語数 4,555 YL 1.4


世界でもっともロマンティックな都市、ヴェネツィアで一組の男女が恋に落ちた。美しい女は男が望むすべてを与える。永遠の幸せを求めた二人に待ちうけていた未来とは。そして彼らが求めた幸福の代償とは?
語数 3,729 YL 1.4


Loganが検査官として初めての事件は殺人事件。妻が行方不明だと夫が助けを求めてきたのだ。しかし、その後妻は遺体で発見される。一体誰が彼女を?その動機は?全4レベル(レベル1〜4)にわたって展開する「刑事Logan」シリーズ第2作目。
語数 4,153 YL 1.4


John Doeと呼ばれた男は病室のベッドの上に横たわっていた。彼は自分が誰なのかさえも覚えていなかった。ところが、彼にはとてつもない秘密があった。それは…。
語数 4,500 YL 1.6


映画が大好きなブラッドとジーナ。二人は貧しいながらも、とても幸せな日々を送っていた。ある日ブラッドは大金を手に入れる手段を思いつく。それはまるで映画のようなアイディアだった。
語数 3,948 YL 1.4


Stellaは新しく引っ越してきた隣の住人Tonyに興味津々。Tonyは別れた妻との間にできたひとり娘Daisyを引きとって育てていた。ところがある日、前妻がDaisyを引き取ろうとしていることが発覚。TonyはDaisyを、StellaはTonyを、それぞれつなぎとめることはできるのか?ロンドンを舞台にした現代的なロマンス。
語数 4,500   YL 1.4


もしもあの時違う決断をしていたら、きっと違う人生を送っていたに違いない。殺し屋のMaxは別の世界で違う人生を歩んでいる、もう一人の自分に出会ってしまう。Parallel Worldでもう一人の自分と対面したMaxはある決意をする。余韻の残る結末も印象的。
語数 4,120 YL 1.4


カメラマンのケンハラダは相撲力士のスクープ写真を撮影する。ところがその後ケンは何者かにさらわれてしまう。その写真を欲しがっているのは誰なのか?東京を舞台にスリリングな話が展開。
語数 3,490 YL 1.4


5年後、100年後、1500年後の未来をテーマにした短編集。ネットビジネスの勧誘など大量広告のメールに悩む家族を書いた「Spam」をはじめ、さらに遠い未来、世界はどのようになっているのか?未来を考える4つの物語を収録。
語数 4,700 YL 1.4


starter | レベル1 | レベル2 | レベル3 | レベル4 | レベル5 | レベル6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>