英語のリーディング力アップの為にやるべきこと

リーディング

洋書に限らず、新聞やWebの英語を読む(リーディングするには)ためにはどうしても必要な能力があります。

だいたい、読めない、読むのが遅い人というのは、英語を前から順番に読む癖がついてなくて、後ろから訳して読もうとする場合が多いです。それから段落を考えなくて1文づつ読もうとしているので文構造がわからない、ついでにそこに書いてある単語もわからないというスパイラルです。

だから、辞書でとりあえず、分からない単語の意味を引いて、なんとなく前後関係と英文みながら推測で補って読むというのを繰り返しているはずです。

これだと、不正確な上に辞書をひいたり考えたりする分、果てしなく時間がかかり、ひいては諦めてしまし、読むのをやめるということになってしまいます。とくに本が好きな人は読書力があり、推測する力が強いために、余計に推測読みをしてしまいがちです。実際、根性でこれでもなんとか読めますが、数百ページの小説とかだと苦行というレベルの行為です。

つまり、下記の能力がないと英文は読めないということです。

・英文の構造が分かる文法力
・単語の意味が分かる語彙力
・英文の使われ方や語法

これを会得、解決してリーディング力を上げるためには。


・文法→文法の再勉強
・語彙→語彙の獲得
・文章を丁寧に理解する→精読。
・自分にあったやさしいレベルの本を沢山読む→多読

になってきます。

上から順に、まず必要なのは文法です。「ぶんぽう」です。

毛嫌いしないで取り掛かりましょう。文法は、ネイティブでない人が英語を理解するための大基礎になりますので、語学の特別な才がなければしっかりやってください。日本語になれてしまっている頭には、英語は英語でなんてのは無理な話で、どうしても文法の知識が必須です。

続いて語彙ですが、とりあえず基本の3000語は必須です。

単語だけひたすら覚えるボキャビルには反対(つまらないし忘れるから)ですが、最初はどうしようもありません。もうただ、ひたすら覚えてください。といっても、洋書を読もうなんて考えている人は知っている単語ばかりのはずですよね。


そして、文法と語彙を使っての精読です。

受験の時にやってますよねこれ。長文読解なんかで経験しているはずです。精読は文法と語彙を使って正確に文章を把握する読み方です。もちろん精読は日本語に訳してもOKです。

そして、一番重要でやってない人が多いこと。「簡単な本を、沢山読む」です。

語彙レベルの低い本や、ややこしい構造の少ない本を利用することで、辞書をひくストレスや、意味が全くとれないというのを防ぎます。これで英語に慣れ、体感で英語の流れをマスターします。後ろから、かえらず前から読んでいくスキルを身につけると格段にスピードがあがります。

教材や本を選ぶのが難しく、レベルがあってないと、さっぱり意味がわからないままページをめくるみたいなことになりますので、自分のレベルをしっかり把握して教材や本を選んでください。

本当に最初からやる場合

ちなみに、私が本当に最初に戻って始めたのは「メイシーちゃん」レベルの本です。

メイシーちゃんのおふろ (メイシーちゃんシリーズ)
ルーシー カズンズ
偕成社
売り上げランキング: 654,466

子供用ですが、「She could be a pirate.」とか仮定法なんかも出てきますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>