英語コミック(マンガ)も勉強のうち

昔は漫画というメディアを、見下していうて、そんなに読まないことを、無駄に威張ってましたが、今は全然大好きです。というかもともと大好きでした。親の教育のせいで、文字が多い本が良いといった風潮があったので、漫画の独特なオモシロさが否定されていたんでしょう。今もそうなのかもしれませんが、個人的には、どっちが良いなんてことは考えず。面白いかどうか?だけになってます。

で、英語コミックももちろん英語を読む力になるよという話です。

今、家にあるのが「ガンツ」「よつばと」「ワンピース」「モンスター」「ドラゴンボール」「オトメン」ですかね。一回日本語で読んでいるものばかりではありますが、とにかく楽に読めるので、今日は英語なんてやりたくない、ノラないなというようなときの、気分転換にもってこいです。

Yotsuba&!, Vol. 1
Yotsuba&!, Vol. 1
posted with amazlet at 13.03.22
Orbit
売り上げランキング: 5,294

ところで、以前から、ずっとおもってたんですが、人間っていったいいくつの物語を同時に抱え込めるんでしょうね。週刊誌にのっている漫画を全部読んでいて、たぶん全部覚えていて、それが全部お話で、さらにそれに飽き足らず小説読んで、さらに洋書読んでって、さらに英語コミックまでいくわけです。日本語でいいじゃんという話もありますが、漫画は漫画でおもしろみがあります。しつこくいいますが、勉強してる気になるし、気楽に読める。

特に擬音と爆発音とか微妙な表現を知るのにいいです、あーこんな風に言うんだとか思います。例えば「ピクピク引きつってる」がI am twitchingとかになったりします。さらに面白いのが、英語でもテレビでみた声優の声が同時に聞こえてくるところです。べジータの声はべジータの堀川りょうさんの声だったし、ゴムゴムのピストルは田中真弓さんの声でした。ちゃんと脳内で声優さんの声に変換されてます。英語の言葉の形のせいで、じゃっかんかっこよかったりするんですが。

ちなみに、洋書の漫画って微妙に値段が高いですが、洋書フェアーなんかで安売りされてるのを見かけます。見かけたらぜひとも大人買いするといいでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>