洋書を買い取ってくれる所

古本

本を買い取ってくれる所というと、ブックオフや個人経営の古本屋などが浮かびますが、洋書というのは値段がつかず、なかなか買い取ってくれる所がありません。多読をはじめると、大量に本を買い揃えることになりますので、あっという間に本棚を圧迫しはじめます。最近では電子本の登場で、本を買わなくてもすむようになったと思いますが、私は紙の本の読みやすさと魅力には抗えず。いつも紙の本を買ってしまいます。

多読用の本、特に語彙制限の本などは本当にトレーニング用ですので、何度も読み返すということがありません。同じく多読をしている仲間と交換などができればいいのですが、そうもいかない場合、捨てるしかなくなります。それではもったいないので、買い取ってくれるところを探すことにしました。

リストにしましたので、参考にしてください。

英語の洋書を買い取ってくれる所

古本買取のブックマニア

本好きが作った古本買取サービス。【市場価値】で価格を決定してくれます。
大阪府にある古本買取のお店です。ISBNコードまたはバーコードがあるもの。ただし国内に流通している洋書以外は対象外になることがあります。

古本買取通販ノースブックセンター
東京都八王子市の買い取りセンター。専門書中心の買取で学術書、専門書の和洋問わず買い取ってくれます。ISBNコードがなくても買い取ってくれる場合もあります。

ブックマスター
実店舗を持たず、インターネットに特化した買取サービス。ISBNコードまたはバーコードがあるものなら洋書でもOK。

Good Day Books
持ちこんだ本をお店の書籍と交換できるという面白いサービス。分野、発行年、コンデイション等を考慮して査定されます。現金の買取はジャンル限定です。

Green e Books
京都にある都の中で外国にいる気分を味わえるかもしれない場所。 Green e Booksは五感で楽しむお店です。持ち込みOK。50冊以上の買い取りをご希望の場合、あらかじめメール、お電話、もしくはファックスにて要連絡。

大手のブックオフやネットオフでは洋書ではほとんど値がつかない(買い取ってくれない)と思います。
どうしても高く売りたい場合は、まとめてYahooオークションなどに出品すると良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>