図書館から洋書や語彙制限本(GR)を借りてみる

多読勉強方は、英語を読むためのスキルアップに効果抜群ではありますが、大きな問題が1つあります。最初に思うのは時間かかるんじゃないの?ですが、やってみると意外に時間がかからないのが多読です。というよりも楽しいのでそんなに時間をどうのこうのと思わなくなるので、時間は無視して大丈夫でしょう。じゃあ問題は何かとくるのが「お金がかかる」ことです。

いくらかかる?

そもそも多読学習の方法が「優しく書かれた、自分のレベルにあった本を大量に読む」ということなので、大量に読むための本(GR)が必要なわけです。もちろん紙の本でなくても電子本でもいいし、Web上の記事とか英語新聞でもいいのですが、わたしの経験上いずれも達成感を得られないので続きませんでした。

特に自分の読書時間が、移動中の電車内がほとんど、かつスマホがそんなに好きじゃない私ににしてみれば、本以外の選択肢はありませんでした。英字新聞はちょっとかさばりますので。

で、価格の話ですが、語彙制限本で英語のレベルが低いといえども、1冊800円前後の値段がします。まずは100万語目指すわけですが、1冊単純に1万語数の本だとすると100冊要ります。それだと8万円ぐらいすることになります。(実際はもっと語数は多いにしても)これを安いととるか高いととるかは、難しい(英会話なんかに通うことを考えるとめちゃくちゃ安いと個人的には思いますが)ですが、できればなるべく安くあげたいというのが人情です。

図書館に探しに出てみた

もう大人なんだから、がっつりセットで大人買いすればいいんでしょうが、何か方法はないかと考えました。というわけで、誰もが考える本がたくさんあるところとに行こうということで、すぐに思いつく近所の「図書館」に行きました。ちなみに私は大阪在住です。

ob_049
※これはイメージです。

「図書館」というところの本の蔵書の仕組みがどういうものなのかは、詳しく知りませんが、最近図書館は予算不足に陥っているんじゃないかな?というのが、容易に想像できます。出版不況の波が本屋だけでなく、図書館にも影響を与えるのは当然のなりゆきに思えるからです。はたして、図書館に洋書にさく、お金なんてあるのだろうか、しかも原書でなくて、語彙制限本に?とおもっていると。その思っている通り。そもそも洋書の棚自体が、見つかりません。(ちなみに私が行ったのはとある大阪市内ではない図書館です)やっと探し出せたすみっこの洋書コーナーには見るも無残に、「ゲイジャガールズの紹介」みたいな、ジャパンってこういうところですよ本しかありません。わずかに吉本ばななの翻訳とかがあるのみで、GRどころか、普通の読み物もほぼありませんでした。

予想していたとはいえ、これは相当がっかりしました。こんなんでいいのか日本の英語学習方針は?。

しかたなく、大阪府Web-OPAC横断検索 で「Penguin Readers」で他の図書館に本があるかどうかの検索かけます。がしかし、ほっとんど見つかりません。予想はしていたとはいえここまで取り扱っていないとは・・。これには結構びっくりしました。本当に少ないです。

枚方市すごい!

が、救世主登場。さらに待つこと数秒・・。すると枚方市(303件)ヒットの文字が!
検索すると「Penguin Readers」の他にも「oxford book worm」もあるじゃないすか。
枚方市すげい!。(リアルにその場で画面に向かって言いました)

さすがに新しく出たものはありませんが、かなりの冊数です。ちょっと古いのなら借りれます。そういうわけで、これからは、タドキストは枚方市を褒めちぎるべきだと思います。

さっそく図書を選んで取り寄せました。状況によって数週間は時間はかかるものも大阪府内の方であれば、わりと早く借りることができます。延長は全くできないので、自分の読めるペースをしっかり把握して借りましょう。

ちなみに、大学の図書館などにはちゃんとそろっており、普通の洋書であれば大阪府図書館や市立図書館に行けばわんさかあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>