英語洋書をスラスラ読むために

英語のペーパーバックを読むために

英語圏の作家の新刊の小説をすらすら読めるようになる。
それが僕の英語への情熱のとっかかりの原点で、到着点でもあります。

小学校、中学校、高校、大学と英語を断続的に学び、社会人になってからも学んでいたものの、洋書が一向に読めませんでした。読めないという事をもう少し正確に言うと、洋書を辞書なしでスラスラと読むということができませんでした。辞書があればなんとか読めますが、知らない単語があれば辞書を引く必要があり、スラスラと程遠い状態です。私はいちおう大学受験に受かるぐらいの英語力をもっていたので、何故読めないのかが不思議でなりませんでした。偏差値も高いはずだったので。

大学生の頃は、周りに帰国子女がたくさんいて、これはもう彼らのように留学するしかないのかとも思っていたこともあります。しかし彼らとのあまりのレベル差や、昔友人だった、こういっては言葉に語弊があるかもしれませんが、学校の勉強ができなかった人に同窓会などで会えば、飲み屋で英語をらくらくと操り、家ではガンダムの英語版を楽しそうに見ていました。

それを見て、自分には語学の才能がないのかもしれないなと諦め気味でした。

しかし、きっかけがあってそういうことじゃないと気がつきました。結局そこから10年も経て、ただ読んでいないから読めないということに気がつきました。辞書片手に小説を読んできたのですが、そんなんじゃ量が圧倒的にたりないかったんだ!ということです。

そうして英語多読を中心にして再勉強。たくさん読んで慣れていくことを中心してきました。今では一般小説ならそこそこというレベルです。洋書(英語)を読むためのコツをぜひつかんでください。多読についてもっと早く知っていたらなと思います。

多読の量と質について

英語を読むのには量なのが分かったから、どれぐらい時間をかければ読めるようになるのか?

学生時代の勉強時間というものがありますので、厳密な時間は言えませんが、社会人になってから勉強した行程なら分かります。

洋書が読めるようになるまでの行程でまとめてあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする