会話文やスラングをどうしたか?

多読メインで、英会話を軽視した学習方法をとっていたので、会話文やスラングが類出する文章が大の苦手でした。ある程度は多読で優しい英語本を読み続けたことで、会話や言い回しも覚えていきますが、コンテンポラリーの小説になると、これなんて言ってるんだろう?。と前後の関係で推測するしかない場合が多々でてきました。好きな古典ばかり読んで学習していた弊害です。

これはもう会話をやらないと、どうしようもないのかと若干思っていました。

ところがある日から、パタっと分かるようになりました。今までの読書経験や学習経験のせいだと、満足げに思ってたんですが、なぜわかるようになったのかもう少し考えてみると。ああと思い当たるふしが。

おそらく、このFMLを半年ぐらい毎日見てたおかげだと思います。
FML Your everyday life stories

FMLは英語圏のユーザー達が、日々自分達に起こったことを数行で書いていくサイトです。内容が、だいたい逆武勇伝といいますか、すべらない話ショート版といいますか、人生の悲哀を感じて非常に笑えます。失業したなどのシリアスなものから、浮気された話やトイレに間に合わずもらした話のような、シモネタ関連の話も満載です。

例えばこういうのです。

Today, it’s my boyfriend’s birthday. He really likes Legend of Zelda, so I put on a Link hat, took my clothes off, and waited for him at his place. He came home with a hooker. FML

※ FMLより引用

毎日10本ぐらい更新がありますので、さらっと読んでるといつの間にか会話や言い回しやスラングなんかを覚えていたようです。文章はシンプルでわかりやすいです。くすっと笑えて息抜きにはぴったり。会員登録すれば、自分の好きな投稿を管理できたり、ネタがあってサイトが気に入ったら自分でも投稿することもできます。

他には、正統的にアメリカのドラマを見て覚えるというのもありますが、私の場合はこれだったようです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>