ラダーシリーズ  レベル2 リスト2

ラダーシリーズ  レベル2

ラダーシリーズレベル1 | レベル2 | レベル3 | レベル4 | レベル5

<< リスト1 || リスト2 >>


ラダーシリーズ レベル2のリスト2です。
レベル2はやさしい英語で書かれた本で、中学校で学習する単語レベル1の単語+使用頻度の高い単語 約300語を使用しています。
難易度目安:語数制限:1300語 TOEIC:350点~ 英検:3級以上

A Christmas Carol
クリスマス・キャロル

クリスマス・イブの晩、けちで意地悪、冷淡で人嫌いの孤独な老人スクルージのもとに、7年前に死んだ共同経営者の幽霊が現れる。「これからおまえを3人の幽霊が訪れることになろう」真夜中の鐘の音とともに次々訪れる幽霊たちは、スクルージに過去・現在・未来を見せるが……。19世紀イギリスのクリスマスを描いた心温まる物語。

「オリバーツイスト」、「クリスマスキャロル」、ともに19世紀のイギリスを代表する作家、チャールズ・ディケンズの作品です。この二つの作品に共通しているテーマ、それは貧困です。そして、これはディケンズ本人の子供の頃の体験が深く影響しているのです……

ー ラダーの扉「オリバー・ツイスト」と
「クリスマス・キャロル」より

総単語数 10,770語
ページ数 144 ページ


Matasaburo of the Wind
風の又三郎

谷川の岸の小さな小学校に、見慣れない服を着た赤い髪の転校生がやってきた。その風貌はまるで伝説の神「風の又三郎」のようだった。突然現れた転校生を、子どもたちは緊張と恐れをもって迎え入れる。自然に囲まれた村を舞台に、現実と空想が交錯する子どもたちの世界を生き生きと描いた、宮沢賢治の代表作。
総単語数 12,680語
ページ数 130 ページ


The Night of the Milky Way Train
銀河鉄道の夜

宮沢賢治著『銀河鉄道の夜』英訳版。

ジョバンニは病気の母親と2人暮らしの貧しくも心やさしい少年。年に一度のケンタウル祭の夜、ふと気がつくとジョバンニは銀河鉄道に乗っていた。そこには銀河の地図を持った親友のカンパネルラが待っていた。銀河をめぐる途中、さまざまな旅人たちが2人を通り過ぎる。生と死を美しい言葉で彩り、宮沢賢治の宇宙観が凝縮された傑作。
総単語数 15,100語
ページ数 144 ページ


Alice’s Adventures in Wonderland
不思議の国のアリス

夏の午後、森の中で本を読みながらうとうとしているアリスの前を、チョッキを着て懐中時計を持った白いウサギが通りかかる。「大変だ!大変だ!遅刻しちゃう!」。言葉をしゃべるウサギを追いかけて、アリスは不思議の国に迷い込む…。巧みな言葉遊びとユーモアで世界中の大人と子供を魅了した、英国文学の傑作。
総単語数 21,530語
ページ数 176 ページ


The Wizard of Oz
オズの魔法使い

大竜巻によって見知らぬ国に飛ばされてしまったドロシーと子犬のトト。カンザスに帰るため、脳みそが欲しいかかし、心を手に入れたいブリキのきこり、勇敢になりたいおくびょうなライオンとともに、エメラルドの都を目指す冒険の旅が始まる。世代を超えて語り継がれるファンタジーの名作。
総単語数 23,300語
ページ数 184 ページ


Little Women
若草物語

アメリカ南北戦争のさなかの1861年。マーチ家の四姉妹は、大好きな父を戦争に取られ、貧しく、クリスマスプレゼントも用意できない寂しいクリスマスを迎えていたが……。四人姉妹が「Little Women (小さな婦人たち)」へと成長する、愛情に満ちた泣き笑いの日々を描いたオルコットの代表作。理想の家族、理想の女性を描いた小説として、1868年の発表から1世紀以上経った現在も読み継がれている。
総単語数 25,960語
ページ数 216 ページ


A Dog of Flanders
フランダースの犬

ベルギーのフランダース地方を舞台にした詩情あふれる児童文学の名作。両親を亡くした少年ネロは、アントワープ郊外に住む祖父のジェハンに引き取られた。ふたりの生活には、やがて犬のパトラッシュが加わる。牛乳運びの仕事をしながら、貧しくも幸せに暮らすネロとジェハン、そしてパトラッシュ。巨匠ルーペンスにあこがれ、ネロは画家を志す。しかし貧しさゆえに、行く手にはさまざまな困難が待ち受けていた。詩情にあふれ、長く親しまれてきた児童文学の名作。
総単語数 12,470語
ページ数 128 ページ


Jane Eyre
ジェーン・エア

幼くして両親を亡くしたジェーンは、叔母の家に引き取られることになった。そこで待っていたのは叔母家族からの冷たい仕打ちの数々。逃げるようにして寄宿学校に入るが、そこでもジェーンの逆境は続く。そして成長したジェーンは家庭教師として赴いた新天地で、運命の出会いをすることになる。世界中で読み継がれるシャーロット・ブロンテの代表作。

シャーロット・ブロンテは、この作品をカラー・ベルという男性の名前で発表しています。まだ、女性への偏見も根強かった時代です。同時期に小説家として活躍していたメアリー・アン・エバンスも、ジョージ・エリオットという男性のペンネームを使っていて、その方が有名になっていました。そして、妹のエミリー・ブロンテも、「嵐が丘」をエリス・ベルという男性のペンネームで発表しています。

ーラダーの扉「ジェーン・エア」を読むにあたってより

総単語数 27,540語
ページ数 216 ページ


A Little Princess
小公女

母を亡くし、父親とインドで暮らしていたセーラは、父親と別れてロンドンの寄宿学校に入学することになる。心優しいセーラは友人にも恵まれ、特別待遇を受けて何不自由なく暮らしていた。そんなとき父親が破産して死んだという知らせが届き、豊かな生活は一転。セーラは屋根裏部屋でつらい生活を送ることになる。貧しくも優しさと誇りを失わない少女セーラの姿を描く、バーネットの代表作。
総単語数 13,780語
ページ数 136 ページ


Huckleberry Finn
ハックルベリー・フィンの冒険

大金持ちになったハックの前に、長いこと音沙汰のなかった父親が突然現れた。そろそろ、おばさんとの窮屈な生活ともおさらばしたいハックは、この父親の出現を機に、逃亡奴隷の黒人ジムと筏で逃避行を始める。さぁ、2人の前にはどんな困難が待ち受けているのか……。大人にも子供にも、長く読み継がれているマーク・トウェインの代表作。
総単語数 17,020語
ページ数 160 ページ



Best Short Stories of O. Henry
ベスト・オブ・オー・ヘンリー

アメリカの庶民の生活を題材に、多くの短編小説を残したオー・ヘンリー。

固くなったパンばかり買っていく貧しい画家に、淡い恋心を抱くパン屋の女主人のちょっとした親切心が、予想もしない結果を招く『善女のパン』。都会に出て弁護士として成功し、上流社会の仲間入りを果たした男が、故郷に帰って知った本当の自分の姿を描く『都会の敗北』。ほかに『心と手』『愛の使者』『うしなわれた混合酒』『アラカルトの春』の全6編を収録した、オー・ヘンリーの名作選。
総単語数 8,010語
ページ数 96 ページ


O. Henry’s American Scenes
オー・ヘンリー傑作短編集

愛し合う貧しい夫婦が、お互いのクリスマス・プレゼントを買うために自分の宝物を売ってしまう『賢者の贈り物』。二十年後に再会を誓い合った男たちが、意外な姿でその日を迎える『二十年後』。寒い冬を刑務所で過ごしたい男が、なんとか警官に捕まえてもらおうと奮闘する『警官と賛美歌』。ほかに『最後の一葉』『桃源郷の短期滞在客』など、オー・ヘンリーの代表的な作品を7編収録。
総単語数 13,210語
ページ数 120 ページ


The Secret Garden
秘密の花園

ンドで育ったメアリは両親を病気で亡くし、イギリスに住むおじに引き取られる。意地っぱりなメアリだが、屋敷で働くマーサやベンたち素朴なヨークシャの人々と触れ合ううちに、しだいに心を開いていく。ある日メアリは、屋敷に十年間閉ざされたままの花園があることを知る。花園の「秘密」を知ったメアリは、なんとか花園に入れないかと切望する。『小公女』『小公子』と並ぶバーネットの傑作。
総単語数 20,910語
ページ数 168 ページ


Roald Dahl’s Short Mysteries
ロアルド・ダール傑作短編集

夕暮れのプールサイドで、ある老人が若い男に奇妙な「賭け」をもちかけた。老人が賭けに負けたら、若い男にキャデラックをプレゼントする。しかし老人が勝ったら、小指を切り落として差し出せというのだ。賭博にのめりこむ人間の恐ろしさを描く『南から来た男』のほか、『皮膚』『天国への登り道』『ビクスビイ夫人と大佐のコート』の全4篇を収録。
総単語数 16,280語
ページ数 168 ページ


If Only They Could Talk
ヘリオット先生奮戦記

大学を卒業したばかりの新米獣医ヘリオット。ファーノン先生に雇われ、ヨークシャー地方の田舎町で獣医生活をスタートさせた。ヘリオットを待ち受けていたのは、糞にまみれ、馬に蹴られ、夜も昼もなく診察におもむく過酷な毎日。しかし動物たちとの格闘の日々は、すばらしく変化に富んでいた。ヘリオット先生と動物たち、そして病院をとりまく人々とのエピソードを、鮮やかに描き出した話題作。
総単語数 16,810語
ページ数 152 ページ


The Outsiders
アウトサイダーズ

両親を亡くし、貧しい下町で二人の兄と暮らすポニーボーイ。同じような境遇にある仲間たちと不満だらけの日々を過ごしていたが、恵まれた生活を送る少年グループと対立するうち、思いがけない悲劇が……。マット・ディロン主演、フランシス・コッポラ監督の映画化も話題を呼んだ、青春小説作家S・E・ヒントンの処女作。
総単語数 21,030語
ページ数 168 ページ

<< リスト1 || リスト2 >>


ラダーシリーズレベル1 | レベル2 | レベル3 | レベル4 | レベル5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>